労働相談コーナー開催中

連帯ユニオン近畿地区トラック支部は、労働者の仕事に関する悩みにお答えします。


労働局などへの一年間の労働相談件数は2008年以降100万件を超えています・・・

■解雇関連 25.14%(解雇13.4% 雇い止め4.2% 退職勧奨7.5%)

■労働条件 22%(労働条件引き下げ9.6% その他労働条件12.4%)

■いじめ・嫌がらせ(パワハラ)21.4%


これは労働局・労働基準監督署に寄せられた相談件数で、労働組合に相談した件数や泣き寝入りした件数を合わせるとさらに増加します。

一人で悩んでいませんか。

当組合は解決に向けた的確なアドバイスとサポートをさせて頂いています。
まずは電話、メールでご相談ください。

  •      
  •  
  •  
  •  

TOP NEWS

「トラック産業の将来を考える懇話会・近畿」
第5回定期総会

 

「トラック産業の将来を考える懇話会・近畿」 
第5回定期総会

2016年7月30日、道頓堀ホテル(大阪市中央区)で「トラック産業の将来を考える懇話会・近畿」の第5回定期総会が開催されました。 当日は茹だるような暑さの猛暑日でしたが、企業と労働者総勢80名が参加しました。

ハマキョウレックス控訴審
勝利的判決

 

ハマキョウレックス控訴審 
勝利的判決

◆労働契約法20条に違反と判断       77万円支払い命令◆

2016年7月26日、大阪高等裁判所(池田光宏裁判長)はハマキョウレックス(本社浜松市)に対し正社員との間に格差のある手当の一部が労働契約法20条に違反するとし77万円の支払いを命じました。